基礎体温[高温期の場合]

■基礎体温の高温期とは 女性の基礎体温は、大きく分けて「低温期」「高温期」の二つの体温の層に分かれます。 そもそも高温期とはどういうものなのかというと、排卵を終えた体は「黄体ホルモン」というホルモンを分泌して子宮内膜の形成を促すようになるのですが、このホルモンには「体温を上げる」というはたらきがあるために体温が通常の0.3?0.5℃ほど上昇するのです。このホルモンは10日以上分泌されるのですが、そ...詳しくはコチラ

人工受精と基礎体温の関係

■人工授精とは 人工授精とは、よく不妊治療のニュースなどででイメージ画像として出てくる「顕微鏡受精」とは違い、排卵日前後(当日が理想)のタイミングの女性の体内に採取しておいた男性の精液を人工的に注入し受精・着床させるという方法のものです。 かかる料金も5000?30000円(これは自由診療のため料金は病院によって異なります)と、体外受精に比べ比較的安価ですし、比較的(体への負担という意味で)ローリ...詳しくはコチラ

▲基礎知識トップに戻る