無排卵と基礎体温について

■基礎体温で無排卵を知る 子供を授かるためには、女性がまず「排卵」をして卵子を生み出さなければいけません。ですが、排卵が行われない「無排卵」となると、どんなに性交を行っても子供を授かることはできません。 では、自分が無排卵かどうか調べるにはどうしたらいいのか?というと、まずは「基礎体温を測る」という必要が出てきます。 基礎体温を1ヶ月以上測ってグラフにまとめていくと、基礎体温は「普通」と「それより...詳しくはコチラ

基礎体温の周期

■基礎体温と周期 数ヶ月継続して、体温計で基礎体温を測り続けてグラフをつけていると、体温はある程度決まった周期で上がり下がりしていることがわかります。 これがいわゆる「生理周期」で、大体の方が平均28?35日(4週間?5週間)の間で推移しているようです。 とはいっても、基礎体温を計っていても周期が毎月○日、というようには安定せずに月によって周期が変わってくることがほとんどです。 これは、こういった...詳しくはコチラ

基礎体温と月経の関係

■基礎体温と月経 私が基礎体温をつけはじめて便利だな、と思ったのが体温の変化によって「月経がそろそろ来るんだな」というのがわかるということ。 排卵日を過ぎて高温期に入ることで「あ、そろそろ月経だな」「排卵日だな」というのがわかるので、何もしないときよりは落ち着いて対処できたり、なんとなくイライラするなど情緒不安定になるのも「あー月経近いから、これはホルモンのせいだな」という割り切り方ができるので、...詳しくはコチラ

生理周期と基礎体温の関係

■基礎体温と生理周期 月経が始まった日から、次の月経が始まる前日までの一区間を生理周期といいますが、基礎体温をつけているとこれがはっきりとわかるようになります。 もちろんカレンダーに生理の始まった日をチェックしていっても生理周期を計算することはできますが、基礎体温のグラフをつけていると危険日や安全日などを知ることもできますが、より自分の体の変化について知ることができるので、危険日に合わせて避妊をす...詳しくはコチラ

基礎体温と排卵について

■基礎体温と排卵 排卵日はよく生理周期の「基礎体温の高温期と低温期の境目あたりの、体温が少し下がったところ」という話がありますが、これは「ホルモンのせい」です。 というのも、排卵の際には必ず「黄体化ホルモン」という女性特有のホルモンが大量分泌されるのですが、これによって脳が刺激されて「体温上げろ」という命令が体に下される為に体温が上がるのです(これが基礎体温でいうところの高温期です)。 この黄体化...詳しくはコチラ

基礎体温と排卵日

■基礎体温をつけて排卵日を調べる 基礎体温を測る方の大体の目的は「自分の排卵日を知ること」だと思います。 ネットのウェブサイトで自分の月経周期を入力計算したりして調べることもできますが、やはり基礎体温を測って調べるのが一番ですからね。 (また、ウェブの自動計算プログラムの場合は周期が安定していないと使えないのが欠点です) このとき測り方のポイントになるのが「使用する体温計」。普段お使いの0.1℃刻...詳しくはコチラ

▲排卵関連トップに戻る