基礎体温が上がらない場合について

■基礎体温が上がらない原因

基礎体温を数ヶ月にわたって測り続け、グラフにまとめてみて初めて「基礎体温がずーっと平均的で、全然上がらない...」「どこが排卵日なのかまったくわからない...」ということに気づく方もいるといいます。閉経後ならばともかく、生理がある女性の場合、こういった基礎体温が上がらない、ずっと低温の状態というのは注意が必要になります。

こういった「上がらない」状態になるのにはいくつかの原因があります。「測り方を間違っていた」という測り方の基本的なところから「体自体が非常に冷えている状態でそもそもの体温自体が上がらない」の他「無排卵」「ホルモンの分泌不足」など、生殖器自体に異常がある場合もあるのです。

こういった原因を自分で判断するのは専門家でもない限り非常に難しいことです。婦人科のお医者さんに今まで作成したグラフを見てもらって、適正な判断をしてもらうのが問題解決の近道ですよ。


■閉経と上がらない基礎体温

閉経する(生理がこなくなる)と無排卵になるため、排卵日がなくなります。すると、高温・低温に分かれていた基礎体温が平均化し、体温が上がらないようになります。

とはいえ、この体温の一層化はある日突然行われるものではなく、高温日の日数がだんだんと減ってきて、体温が上がらない日の割合がどんどん増えてくるために「あ、そろそろだな」というのがわかるようになるのだそうです。
なぜ閉経すると基礎体温が上がらないのか?というと、その理由には「黄体ホルモンを体内で保持することが難しくなってきたから」というものがあります。

閉経後はホルモン現象によってコレステロールが増加したり、高血圧になったり、さらには更年期障害になったりと体にトラブルが出やすくなるので、あらかじめ基礎体温を調べて体を管理し、体温が上がらないようになったときのための対策をとっておくことも大切なんですよ。


■平均的な高温期の体温

基礎体温の低温期と高温期の体温差は、実は0.3?0.5℃とずいぶん小幅なんです。ですので、何も知らないで測り続けていると「なにこれ、全然基礎体温上がらないじゃない!」と思うかもしれません。

そういった方は、婦人用体温計と体温表(グラフをつけるミニノートみたいのです)を用意するといいかもしれません。婦人用の体温計はより細かい数値が出るので変化がよりわかりやすくなりますし、体温表に細かくメモを取っていくとどのタイミングでどのように体温変化が起こった...というようなことが把握しやすくなります。

管理するにしても、わざわざそんなグラフの体温表を買うのはちょっとという方はロリエのホームページから基礎体温表をダウンロードして使うといいと思いますよ。

基礎体温が上がらない場合についての関連記事

▲基礎体温が上がらない場合についてトップに戻る